雛人形にはそれぞれに、意味がある。

雛飾りは本来、飾りつけながら
子供らに道具や衣装、飾りつける位置など
その意味を説明する良い機会でした。


雛人形


男雛、女雛の並べ方は
昭和天皇御即位以前は
男雛が向かって右でしたが
御即位以降は左となったのです。


雛人形


日本では上座・下座があり
本来は左を尊い位置とされます。
これは
「天子北辰にありて、南面して東に座す」
という史実からきているものです。


天子北辰にありて、南面して東に座す


このきめごとは
官女の持つ道具
左大臣、右大臣
桜橘の位置
それぞれに関連しています。






タグ :雛人形

同じカテゴリー(雛の里・八女)の記事画像
おひな様・八女ぼんぼりまつりの見どころ紹介
八女ぼんぼりまつり2011のお雛様展示ヶ所地図
お雛様、仕丁の意味
ひな祭り、随臣の役割
五人囃子の意味
男雛・女雛のもつ意味
同じカテゴリー(雛の里・八女)の記事
 八女ぼんぼりまつりイベントスケジュール2011 (2011-02-12 00:10)
 おひな様・八女ぼんぼりまつりの見どころ紹介 (2011-02-11 00:50)
 八女ぼんぼりまつり2011のお雛様展示ヶ所地図 (2011-02-08 17:51)
 お雛様、仕丁の意味 (2010-03-09 07:07)
 ひな祭り、随臣の役割 (2010-03-08 22:13)
 五人囃子の意味 (2010-03-08 20:02)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。