ひよ子。頭から?おしりから?どっちから食べる?

ひよ子といっても
鶏の雛のひよこではないですから念のため。


ご存知お菓子のひよ子は福岡の銘菓ですが、
最近では東京土産になっているとか。


東京など中央から福岡の知人を訪ねて来る人が
「ひよ子」をお土産に持って来て、苦笑したという
笑い話のようなホントの話もあります。


このひよ子、「銘菓ひよ子饅頭」は
福岡県飯塚市に1897年に開業した吉野堂で作られたんです。


今日の西日本新聞にそのいきさつが載っていました。

創業者の石坂直吉さんは
「みんなが喜ぶようなお菓子がなんとかできんもんやろか・・・」
と日々考えていたそうです。

すると、ある日夢枕になんと「ひよこ」が立ったのです。

「これだ!」とひらめいた直吉さんが作ったのが今のひよ子です。
名前も、可愛いわが娘のようにと「ひよ子」と命名しました。
これが、1912年のことです。


当時全盛を極めた炭鉱マンたちに
甘くて滋養のある卵も使ってあるからと大人気で、
「ひよ子」は飛ぶように売れたました。


そして、1964年に「東京オリンピック」が
開催された時は東京でも売れに売れて、あっという間に全国区に・・・・


以来、東北新幹線の開通なども手伝って、
北日本でも東京土産に「ひよ子」というのが定着したのでした。


私の親戚は名古屋にいるのですが、
福岡に来た時は「ひよ子」を山ほどお土産に買って帰ります。

東京土産として重宝されても、
福岡土産としてもしっかり全国で通用するようですよ。

ところで、この「ひよ子」
食べる時は頭から食べるか?おしりから食べるか?


悩んだりしませんか?

「ひよ子」を製造販売する吉野堂の社員の皆さんは

「可愛いひよ子を頭からかじることはできない」

とおしりから食べる人が多いようです。

私は、あまり意識したこと無いけど、多分、頭からかじります。ごめんひよ子ちゃん。



同じカテゴリー(おもしろ情報)の記事画像
ファミリーマートで宮崎県応援フェア開催中
なんで?湧き水の傍らに?
黒木町のあまりに有名な、黒木瞳の交通標語がこれだ!
同じカテゴリー(おもしろ情報)の記事
 ファミリーマートで宮崎県応援フェア開催中 (2010-09-15 00:23)
 なんで?湧き水の傍らに? (2009-10-21 10:10)
 黒木町のあまりに有名な、黒木瞳の交通標語がこれだ! (2009-08-04 23:34)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。